コロナで終活

エンディングノートの記入【コロナ終活31日目】

更新日:

おはようございます。今日も無事朝を迎える事ができました。
ありがとうございました。終活生活31日目。4月27日。

昨夜落ち着かず。
2冊目・3冊目のエンディングノートにわかるところを記入し始めました。
とにかく時間がかかります。

内容が同じところが有りますが、これは必要だがこのノートしかない等、
自分らしいエンディングノートを作成するのは自分流に作るしかないと、思いました。

また、疾病だけを考えていましたが、急な事故の時も治療方針が必要な事がわかりました。
外出する時も、持ち歩かなければいけない。と改めて気がつきました。

意思表示カードだけでなく。
やはり独自に作らなければ、既存のものではできない。
自分らしく最後を送れないと、気づきました。
なので、これは大変だ。

急がないと、時間がないと。
慌てふためき、夜な夜な書き留めた次第です。

また、朝5時から整理し、6〜7時まで、前回の続きの話し合いです。
9時から書類を郵送する為と、書類の申し込みの為郵便局へ。

そのついでに買い物。
とにかく、時間が大切です。時間が足りません。

開店5分前に、大型スーパーに行くと並んでる状態。
普段と変わらず買い物をしてレジに行くと、ビックリ。
店内放送はレジの応援コール。全レジ開けても間に合わず。間隔を空けると、店の反対側に行くほどの長さ。
入場制限した方が良いのでは?と思うほどでした。
帰りに北海道産のカニが販売していたので、今日はカニ飯です。

足が2本取れていたので、まけてもらいました。
買い物に行ったので入浴してから、食事にします。
カニを茹でてる間に、コロナニュースチェックです。

コロナ関連ニュース

終活生活31日目
無事終了しました。ありがとうございました。

エンディングノートを書く事によって
毎日現実と向き合っているような感覚になります。
この感情はエンディングノートを書いた者しかわからないかもしれません。

とてもリアルで考えさせられます。
まだまだエンディングノートは続きます。時間が足りません。
基本情報と意思表示カードしか書いていません。

思いのほか時間がかかり調べる事が多いです。
お疲れ様でした。

皆様を応援しています。ありがとうございました。

31日目について

エンディングノートについて、同感です。
自分なりのノート。作らないと、と思う事がスタートですね。
コロナコロナで他のことばかり気になってしまう今、
自分に向き合う時間が大事です。

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.