コロナで終活

不動産屋との打ち合わせ【コロナ終活234日目】

投稿日:


おはようございます。終活生活234日目。11月16日。

コロナ関連ニュース

医療崩壊しませんよう願います。今後も感染予防をしっかりおこなう。

病院不動産病院

今日は午前中3件問い合わせして直ぐに病院へ。
午後不動産屋と打ち合わせ。
午前中した内容の回答をいただき、病院へ。
腰痛に良い椅子を購入。帰りに食材を購入。

連日の忙しさに今日も体調追いつかず。痛み増す。
病院ではCTを撮るが先日の痛みの原因がわからず。明日たまた検査。
今月に入ってから検査が多くしかも部位が増える。
痛み箇所が増えてくるのと夜間に悪化する事が多く気が滅入る。

今日も痛みで眠れず。体調に波があるので辛い。
不動産屋との打ち合わせだけで終活が進まず。
焦りが出る。余裕がない。

薬局の駐車場から
本日も快晴

コロナ終活振り返り

2020年4月30日。終活生活34日目。4月の終わり
1月に初めて聞いたコロナウイルス。
あれから4ヶ月。そして200日後。

生活は変わらず。
身近に感染者がいないせいか以前の緊張感や恐怖心は薄れる。
また、200日前も一人焼肉をしていたのに何故か驚く。
花を植えるなど上手く気持ちをコントロールしているのが文章から見える。

200日後の今プランターは殆ど処分。
一人焼肉は心を保つ手段に。

不動産屋との打ち合わせをする事で終活のリアル感が増しもっと処分しなければと焦る。その気持ちに身体がついていけず。胃に痛みも。
終活生活はまだまだ続く。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
母がショートステイを楽しんでいる事を願います。
皆様の健康を願います。ありがとうございました。


終活生活編集後記

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。
コロナで終活早めました

コロナで終活早めましたについて "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。 50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.