コロナで終活

不動産、借家か売却【コロナ終活232日目】

更新日:


おはようございます。終活生活232日目。11月14日。

コロナ関連ニュース

感染拡大が止まらず。医療崩壊しませんよう願います。

不動産屋が建物を見に

朝から書類作成と冷凍した栗を久しぶりに茹でる。
途中不動産屋が建物を見に。借家か売却か。
母の希望に添える事ができるのか。現実は難しそう。提案を待つ事に。

書類を作成するが23年分は大変。調べながらなので明日まで間に合うか。
今日は徹夜を覚悟。

午後から2科受診。患者数が少ないような気が。
薬局の駐車場で空を見上げる。本日も快晴で気持ちが良い。
帰宅後栗の皮むき。糖度が増してとても甘い。

食後すぐに書類作成に。23年間の重みは。深く考えさせられた。
このような時間も大切。
やっと半分。何時に終わるかな。

終活生活232日目。無事終了しました。
明日で1週間。新しいショートステイ先はどうだっただろう。
母の体重増・筋力回復を願います。ありがとうございました。

コロナ終活振り返り

2020年4月28日。終活生活32日目。
過去を振り返り、現実を受け止め、未来を想像
エンディングノートの作成。時間が足りない。始めた時はこんなにかかるとは思っていなかった。ただ書けば良いと思っていたが準備が大変。
そんな中ステイホームがとても充実しているように見える。
楽しそうだ。

200日後の今はそう見えるがあの時は死を強く意識していた。
以前できなかったやりたいことを一生懸命していただけだ。

今は死なないような気さえする。
他人事のように。
前ほど怖くない。リスクは変わらないのにと思うが、身近にいないせいだろう。
このまま増え続けるとどのような事が起こるのだろうか想像できない。
 
デジタル遺品は未だ整理できていない。先日ビデオテープの動画を携帯に入れてたので処分。ビデオデッキは検討中。終活生活はまだまだ続く。
皆様の健康を願います。


終活生活編集後記

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。
コロナで終活早めました

コロナで終活早めましたについて "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。 50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.