コロナで終活

先日頼んでいた回答の電話【コロナ終活231日目】

投稿日:


おはようございます。終活生活231日目。11月13日。

コロナ関連ニュース

新型コロナ感染事例マップをダンロード。危機感を持って予防を。これ以上感染拡大しない事を願います。

朝からありがたい事が続く

午前中書類整理と不動産屋に電話。日程を決める。
その後先日頼んでいた回答の電話が来る。ありがたい。
午後より行政の無料相談を2つ受ける。情報が膨らむ。ありがたい。
その後連日続いている話し合いを行う。良い方向に進む。ありがたい。

朝からありがたい事が続く。やっと1歩前進。ゴールまで先は長いが諦めなくって良かった。
知人と新しい事業について話す。いつ体調が悪化するかわからないので勇気が持てず。
今できることを一歩一歩進む。まだ死にたくない。死ねない。

感染拡大・連日の死者数に恐怖が。でもコロナ禍が長期化しているので以前より恐怖心は薄く。リスクは変わらないのに。

帰宅後。書類が届く。また一歩前進。ありがたい。
明日は書類に記入・準備。午後から2科受診。時間が足りない。進めなければならない事が多すぎる。終活生活はまだまだ続く。終わりがない。

母の体重増・筋力回復を願います。
終活生活231日目。無事終了しました。
医療従事者様。今日もありがとうございました。第3波のニュースが。
コロナ禍が長期に。ご自愛ください。

コロナ終活振り返り

2020年4月27日。終活生活31日目。エンディングノートの記入
エンディングノートの記入に時間がかかる。
2冊エンディングノートを使用。内容が違うので自分流に作成するのが一番良い。時間が足りないので2冊にまとめる。

調べていて気づく。病気だけが死でないと。事故の治療にも必要と。小冊子を作成して持ち歩こうと考えが200日後の今。作成していない。時間に余裕がない為。
意思表示カードだけでは自分らしい最後はおくれない。

200日前はコロナイコール死。時間が足りなく夜も眠れず朝方早く起きて終活している様子が記載されている。200日後の今。エンディングノートは役に立っている。
修正しながら記載。あと少しで署名。

200日前エンディングノートを作成すると死を身近に感じ現実を再認識。200日後エンディングノートを作成した事でやらなければいけない事が整理されゆとりと安心感が。またゴールが無い事がわかる。終活は日々変化する。

スーパーの買い物に長蛇の列。ソーシャルディスタンスの為。200日後今も変わらず感染予防対策は行われているが気持ちは緩んでいる様子。第3波に突入。今日から200日後想像がつかない。医療崩壊していない事を願う。

ありがとうございました。皆様の健康を願います。

善意の力に胸打たれる

退職後。70歳で資格を取得し2箇所の行政で無料相談。79歳にしてまだ死ねない。8年前に受けた案件が受理されるまでと。
話を伺い胸打たれる。ありがたい。


終活生活編集後記

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。
コロナで終活早めました

コロナで終活早めましたについて "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。 50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.