コロナで終活

連日のハードスケジュール【コロナ終活230日目】

投稿日:


おはようございます。終活生活230日目。11月12日。

コロナ関連ニュース

感染拡大。過去最多なのに話題にならず。
以前の反応と違う。今後どうなるか不安に。

本編関連タイトル

午前中検査・午後行政に連絡・母の不動産について打ち合わせと片付・ショートステイ先と面談。

連日のハードスケジュールでメンタル切り替え。
病院の帰宅途中いつも行かないスーパーで見つけた新店舗。
韓国の惣菜屋さんでお弁当を購入。気分を変えて庭でランチ。

紅葉が始まり花も少なく。それでも健気に咲いているすがたに感動。
快晴でお弁当も美味しく。
久しぶりに楽しい時間を過ごす。

コロナ禍で母の終活が早く進むが、母の不動産に時間がかかりそう。
借家にするにも修理が必要。その後入居者探し。
また、今のままで貸し出すか売却。

母の考えは先祖の土地を守りたい。気持ちはわかるが継ぐ者がいない。
5社に見積もりは出したが、今後は1社ごとに話し合い。時間がかかりそうだ。
自身の事でも手が回らないのに。責任が重い。

コロナ禍だからこそできた事だ。
時間があるので。
終活3年間前倒しをして良かった。

医療従事者様。今日もありがとうございました。
母の体重増・筋力回復を願います。

コロナ終活振り返り

2020年4月26日。終活生活30日目。エンディングノート
具体的に記入が始まる。iPadで印刷予定でしたが時間がないので直筆に。

200日後の今もそのまま。修正は出たが変わらず。
母も・私もサインはまだしていない。時期を見て記入予定。
状況が変わったのでやっていてよかった。
200日後の今とても役に。

銀行も終活に参入。コロナ禍で新しいサービスが始まる。

皆様の健康を願います。ありがとうございました。

今日の気づき

人のふり見て我がふり直せ。
実感。反省。


終活生活編集後記

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。
コロナで終活早めました

コロナで終活早めましたについて "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。 50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.