コロナで終活

片付けは色々な事を思い出し懐かしさにほっとする時間【コロナ終活192日目】

更新日:

終活生活192日目。10月5日。

コロナニュース

コロナが与えた影響は大きい。
医療従事者様。今日もありがとうございました。
終活生活192日目。無事終了しました。

ケアマネが母の希望を確認。
このまま施設入所になるのか。空き情報と料金を確認後再度母に確認して決める。

家の片付け半分終了。押し入れ・ハンガーラックが半分に。
お札などの整理。遠方のお寺には郵送にてお焚き上げの志納。近くの神社・お寺には納めに行く。
後は正月・だるま市・酉の市で納める予定。

30センチくらい積まれた。写経を見て涙がでた。
何を思い書かれていたのだろう。

小学生の頃から母に連れられ観音巡り・霊場巡りをしていた。
御朱印帳も何冊もある。その時の頃を思いだす。
棺の中に納める予定だ。私の御朱印帳も有るが母に託したいと思う。
私も時期がきたら写経をはじめるのだろうか。

コロナに感染せずに残された時間がある事を願いたい。
片付けにしても親戚が利用する客布団5組みは処分できなかった。
コロナ禍で家にあげる事は無くなったが、コロナが落ち着き皆んなで過ごす時間が出来ることを願いたい。
多い時には布団をくっつけて11人で寝た事もある。身動き出来なかったが楽しかった。

前回もそうだが、片付けは色々な事を思い出し懐かしさにほっとする時間だ。
大変だけどありがたい時間だ。

腰痛はかなり酷く。激痛が走る。
前回途中で起き上がれなくなり中断したので予防をしているのだがつい痛くても動いてしまう。

性格は変えられない。
夢中になってしまう。
早く終わりにして落ち着きたい。
皆様の健康を願います。ありがとうございました。

こうなってるんだーと感心して購入してしまった。
よく見るのは一枚だけで売っています。特にバレンタインの時期に。
始めわからなくてお店の人に聞きました。貴重だよと言われ即決。
柄の付いたのはたまにあるそうです。

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.