コロナで終活

デザイン障子の作り方【コロナ終活51日目】

更新日:

おはようございます。今日も無事朝を迎える事が出来ました。ありがとうございます。
終活生活51日目。5月17日。

コロナ関連ニュース

コロナの現状

感染者数が減ってきていますが、死者が744人。

感染者数が4359人。
コロナウイルスでお亡くなりになった方・入院された方は考えもしなかった事でしょう。
コロナと言う言葉さえ知らなかったはずです。
今では全世界の人が知っている言葉です。

うつさない・うつらない。といまだ感染予防を言われていますが。
感染経路がわからない方がいます。
どう生活したら良いのでしょうか?

緊急事態宣言が解除され、少し気持ちが緩やかになっているような気がします。
周りが日常を取り戻してくると、私もという気持ちになります。
気持ちは皆さんと一緒なのですが、現実は治療薬がないので感染後のリスクは変わりません。
私の自粛生活はいつ解除になるのでしょうか。

早く治療薬ができる事を願います。
医療従事者様・生活関連者様今日もありがとうございます。

感謝の気持ちです。

デザイン障子を作る

今日朝起きたら少し動けるようになりました。
昨日の続きが気になり落ち着かないので、朝から障子の張り替えを。
腰が痛く曲げられないので、机の上にトイレットペーパーを2袋置き、その上にこたつのテーブル板。
作業台を、工夫し、かなり高くして作業しています。

障子の9マス全て同じ大きさと思っていたのですが、いざ印刷してみるとズレが…目の錯覚なのです。
今まで知りませんでした。
デザイン障子に挑戦して初めて知りました。
きっと理由があるのでしょう。

調整が必要なので、知人とLINEのカメラで共同作業。
これも、初めての経験です。
在宅ワークの人は、このようにしているのかなと思いました。

印刷を繰り返し微調整をしていざ貼る作業に。
いつもは小麦粉でのりを作るのですが、印刷がにじむといけないので障子専用の両面テープを使用。
勝手がいかず強力テープなので誤ってくっつくと剥がせません。
ドライヤーで乾かしで剥がすのです。
自分でも笑えるくらいてんてこまいです。

また絵を見ながら貼ることができません。
のり白の白い部分を上手く木枠に入れなくてはいきません。
何かいい方法があるのでは、と試行錯誤の結果。
完成です。真ん中の1枚がずれてしまいましたが…
大満足です。

ネット社会との繋がりを感じた日

世界とネットで繋がり、知らない世界を知ることができます。
動画で作り方まで教えてくれる時代です。
マネしてみたいと思うだけで私にはできませんでした。

とにかく機械にうとく・頭が拒否。
好奇心と行動力はあるのですが、機能していません。

終活生活の報告も知人の協力で出来ていることです。
頭からネットは怖いものだと思ってしまうからです。
しかし、今回のデザイン障子。知人の協力で出来る事ができました。
感謝しています。

まだまだやりたい事・マネしたい事が沢山あります。

でも、私一人ではできない事です。
ネットに繋がり、誰かの協力でまた一つやりたい事が出来たらと思うとまだ感染したくありません。
在宅で出来る仕事を探したいと思います。

今の時代。可能性は無限大にあるのですね。
誰かと繋がり・誰かの協力で何かが出来・幸せを感じる事ができる最高ですね。
こんな日常が続けば、自粛も悪くありません。治療薬ができるまで、後3年は頑張ります。

明日は手続きの為、店舗周りをします。何ヶ所行けるかわかりませんが頑張ります。
今日はワクワク・ドキドキ・最高の日でした。ありがとうございました。

今日の終活は明日の書類準備しかしていませんでしたが、明日から店舗に行く事でまえに進むと思います。
宜しくお願いいたします。

私の好きな風景


壮大
皆様の健康と幸せを願います。

51日目について

デザイン障子、前段階の準備とかもあって結構時間かかってるんですよ。大変でした。
自分は印刷のお手伝いだけだけど、結構格好いいですよね。
自分の家で、個人で楽しむものなので、画像などは好きにしたら?といいました。
欲しい物が売っていない人が自分でつくるいわゆるDIYみたいな感じでいいですよね。
ちょっといいなと思いました。
他にも作る予定みたいなので応援したいと思います。

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.