コロナで終活

看護生活20日でノックダウン【コロナ終活153日目】

更新日:

おはようございます。終活生活153日目。8月27日。

コロナ関連ニュース

コロナ禍で皆様の生活や将来がかわりましたか。
医療従事者様。今日もありがとうございました。


月明かりにホット


どう撮ったらこうなるの
月明かりを撮ってみたらこうなっていた。何故
まっいいか

終活生活153日目。
昨夜19時頃から2時頃まで眉間に激痛が、氷を当て麻痺させるが痛み治らず。
朝一番に眼科受診。脳外科に受診進められるが、近くの脳外科が休み。
以前耳鼻科にかかった事が有り、紹介状を書いて頂き。受診。
アレルギーの薬を処方され、3日後痛みがとれないようなら脳外科受診。
初めての痛みに不安が。

看護生活20日目にしてノックダウン。
母も決意。施設を本格的に探す。
失敗しない為に、ショートステイを入れ歯が出来上がるまで利用。

その間施設を探す事に。急展開に戸惑う。入るにはまだ早い。
しかし、母の人生だから尊重したい。後悔しないように応援したい。
どんな選択でも応援します。
体重増に筋肉回復。コロナの影響は大きかった。
今からでも自分らしく生きて欲しい。
応援します。

ネット時代で高齢者施設も直ぐに検索。
沢山ありすぎてわからない。
エンディングノートより施設見学・体験が必要だったと後悔。
慌てず母の希望に合う施設を探したい。

入れ歯が治ってショートステイを体験して、やっぱり自宅が一番。となって欲しい。
大黒柱がいなくなると、親族が集まる家がなくなる。寂しい事だ。

終活生活153日目。無事終了しました。
食事・水分も取れたので点滴休み。この調子なら明日も休めるかも。

いよいよ通院している病院もコロナ対策が厳しく入口に検温探知機が。
院内も以前の混雑にもどる。
皆様の健康を願います。

本日も大収穫。
鳥と虫に食べられても今年は大丈夫。
自然の恵みはありがたい。

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.