日記

ホームページでお客様へ安心感を与える施策

投稿日:

鍵屋限定にはなりますが、ホームページを活用して、お客様に安心感を与える施策を考えてみました。
個人的に考えているまま、自分自身では実行できていないので、仮説にはなります。
気に入ったら、参考にしてみてください。

業界団体に加盟する

いちばん簡単なのは、業界団体です。
各業界で、"謎の"といったら失礼ですが、業界団体ありますよね。
鍵屋の場合は、大きな会社というのはあまりなく、ほとんど個人事業主、一人会社が多いと感じています。
なので、会社の規模感での安心感は難しく、大手のほぼ一人勝ちというような感覚です。

そこで、業界団体に加盟するというのが、個人でもできる「安心感」を与えることと思います。
業界団体に加盟していることで、何も知らないお客様にとっては、安心感につながるのではないかなと思っております。
何も知らないと付けたのは、業界団体にぼったくり業者も加盟しているのを知っているからです。

話を戻しますと、鍵屋でいえば、日本ロックセキュリティ協同組合というものがあります。
この団体は「内閣総理大臣認可」というのを、昔からすごく推していて、お客様にとっても「安心感」に繋がるワードだと思います。

名刺に「内閣総理大臣認可 日本ロックセキュリティ協同組合 加盟」と入れる方もいましたし、
アピールすることが何もないという場合にも、団体に加盟するのは良いと思います。

メリットは、それ以外にも、メーカーなどのイベントに参加できること。
デメリットとしては、年会費がかかるということでしょうか。
ある程度、利益を出していれば、諸会費は経費にできますので、鍵屋であれば団体加盟は選択肢としておすすめできるかなと思います。

古物商の取得

古物商も、「内閣総理大臣認可」に近い理由として、警察の許可を得ているということをホームページ上に明記することができるからです。
そもそも、古物商は中古品の扱いについてなので、鍵の業務とは関係はありませんが、
ホームページで安心感を与えるとして、埼玉県公安委員会 許可番号など書いてあるだけで、お客様は鍵、警察と安心感を得ることができます。
取得には2ヶ月ほど、また、お金もかかりますので、要検討です。

鍵の業務と関係ないとは書きましたが、鍵交換後、不要になったシリンダーなどを回収して、中古品として売るなど方法は考えようはありますので、新たなビジネスとしても有りではないかなと思います。

経済産業省グレーゾーン

規模が大きな話になってしまいますが、経済産業省グレーゾーンという精度があります。
これは、お客様へのというよりは、自分自身の新事業についての問い合わせに使う精度ですね。
ただ、ここで認められたというのは、一つ安心感をお客様へも与えられるとして、記載してみました。

以上3点、自分自身のアクションプランとして考えていましたが、できなかったので備忘録としてシェアします。

-日記
-,

Copyright© 川越のホームページ制作チーム とりえ , 2022 All Rights Reserved.