web制作

ホームページの作り方ドメイン・サーバー編

投稿日:

この記事は、ビジネスパートナーであり、友人である方へ贈ります。
ホームページを作るための準備です。
厳密にはホームページとは違う意味のようですが、細かいことは気にせずに行きましょう!

サイトを作るにはいろいろな方法がありますが、今回は、一般的なサーバーとドメインを借りて作っていきます。
そのためには、まず、必要なサービスと契約する必要があります。
各サービス毎、様々な会社があります。調べて比べて好きなところで契約するのが一番だと思います。
料金や特徴など一長一短ありますが、目的は同じなので、最初は深いことを考えず、まず借りてみるで始めてみましょう。

ドメインを借りる

ドメインとは、このサイトの"torienet.com"の部分です。ここは、メールアドレスにも利用することになります。
会社名やサービス名を使うことが一般的です。
長かったり、わかりにくいものより、短くて、わかりやすいドメインが自分もお客様にも使い勝手がよいと思います。
ドメインは、".jp" ".com" ".net"が一般的です。会社には.co.jpというものもあります。
その他にも、いろんな種類がありますが、前者のものから選ぶのが良いと思います。
ユニークなものもありますが、こちらのほうが、なんとなく安心なイメージありませんか?
.jpは年間3,4千円で、.com .netは千円単位なので、値段的に自分は.comが好きです。
ITバブルのときに、なんとかドットコムというのが流行ったからですかねぇ。





ということで、ドメインを取れるのはお名前.comです。

ドメインは世界共通、早いもの勝ちなので、英単語や簡単な文字列はすでに埋まっています。
".com"がとれなくても".net"で取れることもあります。
torieに関してもすでに取りたいものが、埋まっていたため、後ろにnetをつけるというちょっと変な形でドメインをとることになってしまいました。
ドメインをとったあとに変更はできませんので、スペルミスなどには気をつけてくださいね。

サーバーを借りる

ドメインをとっただけでは、ブラウザに叩いてもサイトは表示されません。サーバーが必要になります。
サーバーの性能は、サイトの表示速度などに影響します。
サイトが大きくなるとこういう面は大事になりますが、今は特に気にしなくても大丈夫です。
また、運営会社によっては、ホームページを簡単に導入できるサポートなどがついています。
値段や容量、性能だけではなく、そこも比較対象になります。





ということで、サーバーを借りられるのは、さくらのレンタルサーバです。

ちなみに、プランはスタンダードで十分です。

この2つを紹介した理由は自分が使っているので、説明がしやすいからです。
一番はじめに利用したのがここでしたので、そのまま使い続けています。
この他には、googleドメインやこのはも使っていますし、他にはXサーバーなどもありますが、いろいろと調べてみて、比べてみてくださいね。

また、サーバーからドメインを取得できますし、ドメインを借りるときにサーバーを安く借りるキャンペーンもあります。
ドメインとサーバーはセットになるものですから、どちらも同じ会社で借りるのは、お得で管理もしやすくなってありだと思います。

その他のサービス会社
たくさんあるときっと迷ってしまうので、契約後に今後載せていきますね。

ドメインとサーバーを借りられたら、これにて準備は終了です。お疲れ様でした。
今回紹介したのは、別会社のサービスなので、ドメインとサーバーを連携させる必要があります。
その後、メールの設定をしましょう。このメールは、スマートフォンでも受信できるようにできますよ。

このあとは、レンタルサーバーの中にWordPressにいれて、設定して、終わりです。
あとは任せてください。でも、どんなサイトを作りたいか考えてくださいね。
WordPressにはたくさんの無料テンプレートがありますが、さくっときれいなサイトを作るために有料テンプレートを使います。
それはまた次回ご紹介したいと思います。

-web制作
-, , ,

Copyright© とりえ , 2019 All Rights Reserved.