起業

川越で起業するならウェスタ川越

投稿日:

起業するのに一番面倒なのは場所

起業したいと思ったときには、もう大事なビジネスアイデアは色々とあると思います。
個人的に、実際に面倒になるのは、事務所の場所でした。お店であっても、ネット上であっても店舗・事務所は必要になります。
お金の問題はおいておいて。

個人の場合だと、アパートの一室で良いやというのもあるかもしれません。
実際には、アパートでは契約上は無理だと思います。事務所可物件なら別ですが、分けたいという方も多いと思います。
しかし、新たに部屋を借りるというのは負担が大きいです

店舗関係だと話は変わってくるのですが、自分は主にネットを経由したサービスを考えていたので、固定費はできるだけかけたくなかったというのがあります。
家賃などの固定費をなるべく減らして、広告費などに回したいというのが理想ですよね。
アパートと事務所の家賃でスタート当初は売上0なのにきついとなってしまいます。

お金の問題はありますが、元手なしで始められるビジネスもありますし、開業自体は、個人事業なら開業届を出すだけです。
そこに大変さはありませんでした。
と考えるとやはり、一番はビジネス拠点。そこで、偶然にもタイミング良く始まったウェスタ川越の創業支援ルームでした。

ウェスタ川越との出会い

こういった施設は、各都道府県であると思いますが、川越市民の自分にはまさにピッタリの拠点でした。
ちなみに、埼玉県内だと有名なシェアオフィスの7Fさんが大宮にありましたが、川越エリアはありませんでした。

埼玉県、川越市とで作られた施設で、川越駅から徒歩でいける近さ。当然、新しくて綺麗で何もが新鮮でした。
施設としての魅力はもちろんですが、自分としては、その中の創業支援ルームはまさにこれだと思いました。

部屋自体は限りがあり、基本的には3年契約となるため、誰でもかんたんに入居するのはタイミングとなり、難しいところはありますが、川越で創業起業を考えているのであれば、絶対にチェックすべき物件です。

自分のときは、税理士などの士業関係の方が多く感じました。あとはすでに事業を行っている方もいました。
これは、これから創業だけでなく、創業から5年以内も創業支援ルームの対象だからです。
個人的にお話したいなと思ったネット関係の方は、すぐに別のところにうつってしまいましたが、気になる業者の方とはマッチングできるような仕組みもあります。
当時は、全部屋埋まっていたと記憶しておりますが、使用人数などに応じて色んなサイズの部屋(25部屋)が用意されています。

当然、できれば長く入っていたいと思う物件でしたが、期間は限定されています。
ただ、これは創業支援なので、当たり前ですよね。良い循環のために必要だと思います。

ウェスタ川越への入居方法

ウェスタ川越のホームページをチェックしてください。
こればっかりはタイミングになります。というのも、3年契約(最長5年継続もある)のため、空きが出るタイミングで入れ替えとなります。
また、中途で事務所の移動がある場合もありますので、途中で募集が始められる場合もあります。

川越で創業を考えているなら、まずはウェスタ川越の募集を調べるから始まるといっても過言ではないかもしれません。
それだけで、浮く経費、手に入る環境、全てに差が付きますよ。

ということで創業ならウェスタ川越。創業支援サポートもついています。

そして、なんと、川越ならとりえのウェブアシストサポートもあります。
ウェスタ川越とは別です(すみません)
人雇うのは大変ですよね。色々と。一人だと全部自分でやらないといけないし。
だから、自分にサイト周りなどお願いしていただけると嬉しいです。
営業を頑張ってる隣で、営業アシスト用の資料作ったりします。隣でと行っても、ネットを介してですけどね。
という宣伝も兼ねて終わりにしたいと思います。

急いで書いたので、多分色々と書き直すと思いますが、ウェスタ川越創業支援ルームは良いっていうのは変わりません。
大事なのは一歩目なので、その一歩目をアシストしてくれる施設だと思っています。

-起業
-,

Copyright© とりえ , 2018 All Rights Reserved.