コロナで終活

15日後には決めなくてはいけない今後【コロナ終活226日目】

投稿日:


おはようございます。終活生活226日目。11月8日。

コロナ関連ニュース

コロナ禍で終活が増加。
感染予防に換気を。コロナの影響で新商品。医療従事者様。今日もありがとうございました。
感染予防対策を継続してステイホーム。

明日でショートステイ5箇所目

夢の中で書類整理。身体の痛みが緩和し、山積みになっていた書類を整理しているところで目覚める。

ドキッとした。片付けをしている夢を見るなんて、よっぽどプレッシャーになっていたのだと改めて気がつく。
やらなければやらなければと思っていても連日の痛みで動けずまた母の病院受診も重なったのでプレッシャーに。

このままでは死ねない。引継にしてもこの状態では酷すぎる。焦る。
母の具合はストレス性のものでショートステイが嫌に。

今後どうするかに時間がかけられなくなる。
明日は新しいショートステイ先に移動。

気にいると良いのだが15日後には決めなくてはいけない今後について。
山積みになった書類を一日中整理。眉間の痛みはトクホンを貼ってごまかす。

痛みは取れないがスースーするので気を紛らす。
全身の痛みは先日より緩和された。立ったり・座ったり・横になったりしながらやっと先が見えてきた。

母の施設選びは食事の質が上げられた。
昔の人なので米が美味しくないと食が進まず。ストレスに。体重も増えず。悪循環に。

明日でショートステイ5箇所目。
コロナ禍で施設見学ができないがショートステイで経験ができたのでよかったと思う。

入居してみないと話だけではわからない事もある。母には後悔しない選択をして欲しい。

フリマに挑戦する予定でしたが時間が取れず、体調も悪く延期に。最悪処分になるかも。
今後の状況で決める。書類を整理していて思ったがまだまだ物を減らす事は出来ると。

今死んだら業者に頼んだらいくらになるのだろうと不安に。

終活生活226日目。無事終了しました。

コロナ終活振り返り

2020年4月22日。終活生活26日目。立ち位置の話し合い・終活生活の合間に
パン作り・アクアリウム・種蒔き。あの時は感染を恐れ草むしりもせずに草花を窓から楽しんだ。

外出を自粛していたので頻繁にパン作りを行っていた。
ネットを検索して新メニューに挑戦もしていた。
ステイホームで時間もあったので以前興味があったが時間がなくてやらなかった事に挑戦していた。

終活を3年前倒しした事を良かったと言っていた。片付けをしてすきりしたと言っていた。
200日後。コロナと共存できず未だステイホームだがやっている事はほとんど同じ。ただストレス対策が加わった。

またあの時スッキリしたと言っていたが今はあの時以上にスッキリしている。
生前整理にも書かれているが片付けは段階が必要。

処分できずにいた物が段階を踏めば無くなっている。
今から200日後。どこまで物が無くなっているか楽しみだ。

立ち位置の話し合いは常に文章を作成・確認していた。
今では文章が役に立っている。協力体制はバッチリだ。ありがたい。

雰囲気を変えて

毎日の食卓に変化を。
ステイホームが長くなり外食もできないのでストレス対策にいつもと違った食卓を。
フライパンで焼けば良いところをあえて網焼きに。

洗うのが大変になるが遊び心で。いつもの調味料を高級ソースに変更。香りと気分を味わう。
コロナ禍だからこそ食費にお金を。
外食・交際費が0円なので食費にプラス。


外食が出来ないので一人でも楽しむ工夫を。


終活生活編集後記

コロナ終活について

この企画について、こちらでご説明しております。
コロナ終活が気になった方はこちらをお読みください。
コロナで終活早めました

コロナで終活早めましたについて "ベアのんだんだん"氏によるノンフィクション記事の寄稿になります。 50代、女性、母と二人暮らし、子ども2人のリアルな日常を発信していきます。 コロナ終活とは 突如、未 ...

最新情報などはTwitterやInstagramでも発信しています。

制作 とりえ(Twitter/instagram
企画・文章・写真撮影 ベアのんだんだん (note)
編集・サポート Ryu(Twitter

-コロナで終活
-, , ,

Copyright© とりえ , 2020 All Rights Reserved.